FC2ブログ

風俗恋愛

風俗嬢との官能的な恋愛話

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

寝取られた僕と風俗嬢との恋愛

もう4年くらい前になるだろうか・・・。俺には彼女がいた。
名前は楓(仮名)としておきます。
一つ年下で、清楚で、明るく、顔もかわいく、自慢の彼女だった。
大学のサークルで知り合い、一目惚れと言ってもいいかもしれない。
そんなわけで、かなりモテていた。1年くらいの間で結構仲良くなり、
駄目もとで告白したところ、私も前から好きだったと言われ、天にも昇る気分だった。
2日に1回は会ってデートをした。
初めてエッチをした時も最高に幸せで、一生かけてこいつを守ろうなんて思っていた。
その反面、心配の気持ちも尽きなかった。
やはりモテていたし、こいつを狙ってるやつなんて腐る程いた。
そんな不安な気持ちはかっこ悪いので言えるはずもなかったのだが、
そんな気持ちさえも楓はわかってくれ、私はあなたしか見てないからなんて言われ、
こいつは一生ものだなんて思っていた。

付き合って1年とちょっとくらいした頃、ある先輩がいつも楓と話していた。
すごく心配で気になっていたが、楓の言葉を信じて気にしないふりをしていた。

ある日、楓と会う約束をしていたのだが、友達が風邪をひいたのでお見舞いに行くから今度にしよと言われた。
なんの疑いもなくわかったと言い、暇だったので友達と飲みに行った。
友達に会ってからはみんなに文句を言われ、彼女ばっかり相手にしてんなよと怒られた。
ほんとに彼女とばかり会ってたので、友達と会う時間も作らないとって思ったものだ。

店を出て、さぁ次どこ行くって飲み屋街をみんなで歩いていると、前に腕を組んで歩いているカップルが見えた。
女の方は後姿がすごく彼女に似ていた。
まさかそんなはずないと思っていると男の横顔がちらっと見えた。
その男はいつも楓と話していた先輩だった。
それまでそんなに酔っていなかったのに、頭がずきずきしだし、吐き気を催した。
俺の状態に気付いた友達が声をかけてくるが、全く耳に入らない。鼓動がはやくなる。
だが、その時点では女の方の顔は見えていなかったので、まだ最後の希望は捨てきれないでいた。
その瞬間、カップルは飲み屋街のホテルへ入る為に横を向いた。
紛れもなく彼女だった。そのまま俺に気付くことなく、仲良さそうにホテルの中に入っていった。
目が回る。足元がふらつく。
その異常な状態に友達はお開きにしようと言ったが、俺は首を横に振った。
飲まずにはいられなかった。

次の飲み屋に行き、飲みまくった。
どうしたんだと友達に聞かれ、答えた。
そんな女捨ててしまえとみんな口々に怒っていた。
本当にいい友達だと心から思った。飲んでも飲んでも飲み足りない。
本来酒に弱いのに全く酔わなかった。
でも次第に気分だけは悪くなってきた。

一人の友達が気を使ってくれ、風俗に行こうと言い出した。
俺は断ったが、強引に連れて行かれ、マットヘルスへ皆で行った。
店に着く頃にはふらふらだった。一人の友達が、
「ユエ(俺の名前)にこの店で一番いい子を着けて」
と店員に言った。その店で一番の子を着けてもらった。
こういうところに来るのは初めてだったので、普通緊張しまくるだろうが、
酔いも手伝ってかそれは全くなかった。
一番人気の子だったらしく、待ち時間も長く、友達は先に入ってしまった。
やっと俺の順番が来て、女の子と対面した時にはめちゃくちゃ驚いた。
ものすごい綺麗な子だった。
楓も50人はいるサークルのアイドルだったのでかなりかわいかったが、
まったくレベルが違った。こんな子が世の中にいるのかと思ったほどだ。
俺はその時まで楓が世界一かわいいなんて思ってたりしたものだが、
やっぱりいる人はいるんだって思った。
そう思ったら気持ちも少し楽になった。 続きを読む
スポンサーサイト
[PR]

  1. 2015/03/04(水) 02:47:53|
  2. 風俗恋愛
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

最新記事

プロフィール

風俗恋愛中毒

Author:風俗恋愛中毒
風俗嬢はとっても情が深い。
嬢だけに。

オススメサイト







月別アーカイブ

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。